VISION

世界中に、こころ豊かな毎日を届ける。

私は今はとても元気ですが、高校時代に潰瘍性大腸炎という病気になり、2年ほど治療をしていました。当時、家族と先生や看護師の方がコミュニケーションを取りながら、私にとって最適な選択を考えてくれたことにとても感謝しています。
ただ、この経験は私にとってネガティブなことばかりではなく、当たり前のことに気づかせてくれました。

「健康第一」

私たちが暮らす日本では国民皆保険制度や高額療養費制度などのおかげで医療格差は少ないですが、それでも少なからず存在します。さらに言えば、世界にはもっと大きな格差があることも事実です。
いつの日か、全ての人が自分にとって最適な医療を選択できる日がくることを、私たちは目指します。

Scenery
MISSION

あたらしい医療体験を、デザインする。

「限りある医療資源を最適に分配することで、より豊かな社会をつくりたい」テクノロジーの力で世界中の医療をつなぎ、誰もが最適な選択をできる。医療者の負担を軽減するだけでなく、患者に対してより良い医療を提供するための学習を効率化する。患者・家族・医療者は同じデータにアクセスし、滑らかに意思決定できる。それにより医療資源の効率化、三法よしが実現できる社会をつくっていきたいと考えています。

CORE MEMBER

  • 園部 敦史

    代表取締役

    園部 敦史

    株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア株式会社)で営業として従事。その後、プライマル株式会社にて⾃然⾔語処理による機械翻訳DB開発事業を担当。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社でマーケティングデータ活⽤⽀援、株式会社FiNC Technologiesでヘルスケアメディアの広告事業開発を経験。2018年、株式会社saludを創業。自身の体験も影響し、医療機関と患者の関係性に関する課題解決を志す。2012年、関⻄⼤学法学部法律学科卒業。専攻は政治哲学。

  • 那須川 進⼀

    取締役CAO

    那須川 進⼀

    あずさ監査法⼈で⽶国及び⽇本基準での会計監査業務に従事。その後、マーサージャパン株式会社でM&AデューデリジェンスやSO公正価値評価、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社で広告アルゴリズム開発、少額短期保険事業者の株式会社justInCaseの共同創業など経験。インターネット広告に関連する複数特許保有。公認会計⼠。⽇本アクチュアリー正会員。データサイエンティスト。2019年、株式会社saludへ参画。2005年、東京⼤学理学部数学科卒業。専攻は解析学。

  • mr_hirao

    取締役CTO

    濱脇 亘

    99年よりソフトウェア開発会社に勤務。家電量販店系のPOSシステムや商品管理システム、請求システム等を開発。プロバイダへのWebサインアップシステムをインフラから一人で構築。石油会社系のシステム、コールセンターの基幹システム、工場用原価管理システムを経験した後、JTB情報システムで国内旅行基幹システム、福利厚生サービス会社の基幹システムを開発。独立後、大手企業の研修講師を努めながら、お薬手帳アプリ、ECサイトやキャンペーンサイト開発を担当。2020年より株式会社saludへ参画。遠隔健康相談システムの開発プロジェクトでリードエンジニアを務める。

COMPANY

会社名 株式会社salud
代表取締役 園部 敦史
本社 東京都千代田区神田錦町2−2−1KANDA SQUARE 11F
WeWork内
設立 2018年9月3日
資本金 1,000,000円
事業内容 1. デジタルマーケティングに関するコンサルティング事業
2. デジタルを活用したソリューション事業
Salud

当社のブランドロゴは、日本の伝統製材技法である「契り」をモチーフにしています。
契りは、木工家具などで木材の割れの防止のために用いられ、木々同士を繋ぎ合せる役割を担います。様々な変化により社会の不安や亀裂が広がることのないよう、繋ぎ合わせる存在になりたいという想いを込めています。

Salud